本文へスキップ

歯周病[歯槽膿漏・歯肉炎・歯ぐきからの出血]のご相談は芦刈デンタルクリニックへ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-14-1825

〒451-0045 名古屋市西区名駅2-23-14 VIA141-1階

歯周病治療


歯を失う原因は?

歯を失う原因 ランキング

歯を失う1〜3位

歯周病による抜歯の割合は30歳代から50歳代にかけて多くなり、それ以上の年齢階級では、ほぼ一定。また、歯周病で歯を失う年齢層は、60歳から65歳までが最も多いことが分かりました。

歯を失う原因 グラフ

財団法人 8020推進財団 永久歯の抜歯原因調査報告書より


歯周病とは?

歯周病 名古屋市  歯周病とは、歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって起こるお口の中の病気です。
  歯と歯肉の間に付いた歯垢から、歯の根っこにそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている歯肉(歯ぐき)と骨を溶かしてしまい、最終的には歯を失ってしまいます。

  この怖い歯周病は、歯を失う最大の原因であり、統計によると35歳で80%以上の人が歯周病になっているそうです。

  しかし、ほとんどの方は、自分が歯周病であることを自覚しておらず、歯ぐきからの出血といった、症状が出てから歯科医院に診察を受けに行きますが、既にこの様な症状が出ているときは、かなり悪化した状態です。

  歯周病に気付かずに、将来的に歯を失ってしまうという最悪な事態にならないためにも、日頃から丁寧な歯磨きと定期健診を行うことが大切です。


歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ・ステップ1
  1. 歯周病の基本検査(保険)1点法のポケット測定と動揺度測定
  2. ブラッシングのチェックおよび指導
  3. スケーリング(縁上歯石除去)
  4. 問題ない場合は、定期健診および歯周病予防・メンテナンス
歯周病治療の流れ・ステップ2
  1. 初期治療後の検査
      治ってなかった場合
  2. 縁下歯石除去および歯根の円滑化(SRP)、歯肉ポケット内の掻爬(そうは)(P-CUR)
  3. 問題ない場合は、定期健診および歯周病予防・メンテナンス
歯周病治療の流れ・ステップ3
  1. 歯周精密検査
      ・4点法のポケット測定と動揺度測定と歯肉からの出血検査
      治ってなかった場合
  2. 歯周外科治療
      ・外科的処置で歯周病を治療します。
      (メスで歯茎を剥離し、歯の根っこの深い部分についている歯石を除去し、失った骨を回復することを
    目的とする。人工骨移植等も行うこともあります。)
  3. 問題ない場合は、定期健診および歯周病予防・メンテナンス

みささまへ

歯周病にならないためにも、日頃の定期健診を忘れずに行ってください。
また、既に歯周病になってしまった方は、しっかり完治させましょう。
そして、最近歯やお口に違和感を感じる方は、早めに受診するようにしてくださいね。
早期発見早期治療が肝心です。


治療費

歯周病治療は保険適応ですので、保険証をご持参ください。


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
7日(水)18:45まで診療(最終受付18:30)
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
5日(水)18:30まで(最終受付は18:15)
7日(金)13:00まで(最終受付12:45)午後4時〜通常通り

□通常診療 / 午前診療 / 休診日


芦刈聡 院長

芦刈 聡 [ あしかり さとし ]院長紹介

※ 各種健康保険取扱・急患随時対応

 当院では、インフォームドコンセントを重視しておりますので、いきなり治療をはじめるのではなく、患者様のお悩みやご希望をお聞きして、不安や疑問に対して丁寧にお話させて頂き、詳しい治療方針の説明の後、患者様ご自身に、ご理解・ご納得頂いた上で、治療を開始しております。 →初めての方へ

 院長: